ゆるりふわりと。

いつの日か脱勤め人を夢見るヤクルトレディが、投資とか節約とか野球とか思いついたことをぼやいております。

ぶらり福岡一人旅① ~えふカードの払い戻しをしてきた~

1泊2日で福岡へ旅行してきた。

最大の目的は広島対ホークスの野球観戦だけど、どうせ行くなら他にもやりたいことやっちゃえ!ということで全3回で旅行記をお送りしてみます。(予定は未定)

 

1回目のテーマは「えふカードの払い戻し」。

福岡に着いて一番最初にしたことがえふカードの払い戻しという・・、まぁ節約を表題にしたブログなのでこれはこれでありかと。

f:id:milkyaz:20180617232824j:image

 

まだIC乗車券が普及する前は、磁気カード形式の乗車券が一般的だった。

購入金額は1000円だけど額面1100円分使える、というありがたい仕様。

広島のバスカードも同じ仕様だったよね。

今から約10年前、当時付き合っていた彼が福岡に転勤となり、福岡に訪れては1100円分のえふカードをよく購入していた。

450円分が残ったけどまた行くから持っておこうと思ったら、二度と行かなかったという(笑)。

残高数十円なら間違いなく処分していたけど、450円なら地下鉄2回は乗れるなーと思って長らく保管していた。

今回福岡に行くにあたってふとカードの存在を思い出したけど、今時使えないんじゃない?と思って調べてみたら思った通り。

しかし払い戻しをやっているではないか。期限は平成30年10月31日、セーフ!

えふカードの払戻しについて|磁気カード乗車券|お得な乗車券|料金案内|福岡市地下鉄

 

向かったのは天神駅有人改札

駅員さんにカードを見せながら払い戻ししたい、と伝えるとお待ちくださいとカードを持ったまま事務所の中へ。

数分待つと一覧表を片手に「残高450円なので410円の返金となります」と言われながら410円を手渡された。

そう、もともと1000円で購入して1100円分使えるという仕様なので、当然ながら450円がそのまま戻ってくるわけではない。

それでもありがたい、このまま福岡を訪れることがなければゴミと化していたので。

公式サイトを見ている限り、郵送での対応はやっていないようだ。

そりゃそうだ、地元ユーザー向けのカードをまさか観光客が買ってるとは思ってないだろう。

なんか書類とか書かされるのかなーと思ってたけど、何もなく数分であっさり終了。 

 

今回の旅では西鉄バスに非常にお世話になったのだが、SUICAPASMOも使えて非常に便利だった。

驚いたのは、東京と違って福岡はICカード割引なんてものは存在していないということ。

運賃も10円単位、なんだか懐かしい気分になってしまった。

東京との差は、ICカードの普及率が影響しているのが理由なのかな。

都内の改札もIC専用が増えてきて、まれに紙の切符を持っている人がオロオロしている光景をみかける。

鉄道系は2018年3月に全国相互利用が可能となって、非常に便利になった。

これまで広島帰省用にICOCAを持っていたけど、広電でもSUICAPASMOが使えるようになったのでお役御免だ。

今度地元に戻ったらICOCAを払い戻して、デポジット金500円を回収するつもり。

個人的には現金を持ち歩きたくない以上に、カードも複数持ち歩きたくないので、今度は電子マネー系を統一して欲しいと切に願う。

 

それにしても交通系ICカードの読み方3文字法則を覆す「はやかけん」を生み出した福岡市交通局のセンス、嫌いじゃないです。

えふカードの払い戻し期限は2018年10月31日まで、まだの人は急ぐべし!

f:id:milkyaz:20180617232848j:image

久しぶりにシュフー(Shufoo!)チラシアプリを起動してみたら使いやすくなっていた

実は料理好きな私。

平日昼は自作弁当持参、夜も予定がなければ自炊がデフォ。

社畜時代も料理がしたいがゆえに会社の寮を出たし、夜中1時からお米をといでご飯作ってると周囲に言ったら「早く寝ろ!」の大合唱を浴びた記憶がある。

外食=贅沢、という家庭で育った自分は、どうしても外食が続くととてつもなく悪いことをしている感覚に陥ってしまうのです。

金銭的に余裕がないわけではないのに、幼少期の刷り込みって恐ろしい。

 

食材買い出しのためのスーパーは、近所の4軒を使い分けている。

生鮮食品が新鮮・少量パックが充実・怖くなるくらい激安・特売品が恐ろしく安い、などスーパー各社の特徴を把握した上で使い分けているんです。

こんなんだから主婦っぽいと言われるんだよね。

さらに言うと特売品だけを購入して帰る、スーパーからするとスーパー腹立つ客ですね。

 

そんなできるだけ安く買いたい自分が、スマホという文明の利器を手に入れた時にすぐさまインストールした、シュフーチラシアプリ(Shufoo!)。

各スーパーのサイトに行けばチラシは見れるんだけど、いちいち各サイトを開くのは面倒。

これでアプリからチラシを簡単に読める!、と思ったけど当時のアプリは残念な仕様だった。

私の記憶が確かなら、住んでいる地域のチラシの山がパサっと画面上に転がっていて、自分の必要なものだけを仕分けした上で読む、というUIだったのだ。

(語彙力なさすぎて伝わらなかったら申し訳ない)

新聞の間に挟まっているチラシを出してきて、順番に目を通しながら必要な情報だけをピックアップする、という昔ながらの感覚をアプリで再現したのだろう。

が、その仕分け作業が面倒で、すぐに使うのはやめてしまった。

それなら自分が行くスーパーのサイトを都度開いたほうが楽じゃんって。

 

それから数年、ふとアプリを整理していた時に目にとまったShufoo!アプリ。

これまでアップデートはちゃんとしていたので、久しぶりに開いてみた。

すると自分のお気に入りのお店を登録できるようになっていて、登録したお店のチラシが簡単に読めるようなUIに変わっていた。

あれ、なんかいつの間に便利になってる!

各スーパーのサイトからチラシを見るとダウンロードにやや時間がかかるけど、シュフーならさくっとチラシが開く、これはだいぶ嬉しい。

さっそく近所の4軒を登録して、毎日確認するようになった。

 

昨日買った商品が、今日は特売品になってて何十円も損したって経験は誰でもあるはず。

アプリは無料で使えるし、移動時間にささっと眺められるし、家で自炊する人はぜひインストールして使ってみて欲しい。 

Shufoo!(シュフー)
Shufoo!(シュフー)
開発元:TOPPAN PRINTING CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

ただし、特売品のために交通費をかけたり車で行ったりするのは厳禁。

値引き額分が、交通費とかガソリン代で飛んでいくと意味がない。

そして自転車で何十分もかけて行くのもダメ。

お金はかからないけど、何十円のために貴重な時間を無駄にするのはもったいない。

それならその時間で副業して稼いだほうが、よっぽどかお金が貯まる。

特売品めぐりは、近所で歩いて行ける範囲で。

 

メルカリのIPO、SBI証券とマネックス証券の当選結果が出た

先日申し込んだメルカリIPOの抽選結果が出ました。

milkyaz.hatenablog.com

帰宅してすぐにサイトを開くと、2社ともに「抽選中」。じらしますなー。

いつもより発表が遅いのは、やはり倍率が高かったということかな?

 

まずはSBI証券。

f:id:milkyaz:20180611214102p:plain

はい落選!

IPOポイント貯金はじめました(ヤケクソ)。

サイトの上のほうにIPOポイントが表示されるからさ、当落確認画面に辿り着く前に落選を察するという悲しい仕組みはどうにかなりませんかね。

画面スクロールする間にドキドキしたいじゃん。

分かってないなー、SBIは。(ただの八つ当たり)

 

そしてマネックス証券

f:id:milkyaz:20180611220005p:plain

はい落選!!

NISA株を全売却して、口座解約してやろうか(ヤケクソその2)。

SBIと違って落選しても何ひとついいことないからね。

そう考えると自分たちの懐を痛めることなく、投資家を集める手法としてはよくできてると思うわ、IPOポイント。

幸運は残った、まだまだ今年はいいことがあるに違いない、とスーパーポジティブに捉えてふて寝することにする。

 

上場日は6/11(月)。少し落ち着いたらNISA枠で購入してみようかな。

やはり応援したい会社に投資したいし。

これからもIPOポイント貯金をしながら、まずは全資産における投資割合を1割→3割まで増やしていきたい思っとります。

ETF・米国株・ロボアド、まだまだやりたいことはたくさんある。

だんだん投資ブログになってきたけど、まいっか。

株主総会の季節だけど、各社平日開催なので勤め人は参加できないのはどうにかならないのか

この時期になると、郵便ポストに書類が溢れかえる。

株主総会開催のお知らせが各社から届くのだ。

最近は分散投資しすぎて量が増えてしまい、郵便局の人が年賀状のように封筒を輪ゴムで止めてまとめてくれるようになった。お手数おかけしてます。

こいつ投資家なのか、毎年増えてるぞ、金持ってんのかな、とかきっと思われていることだろう。

(昔郵便局の仕分けバイトをしたことがあるが、局員は配達エリア内の家庭事情や人となりを把握していたりする)

 

溜めこんだ封書の山をこの土日で開けてみた。

分厚めの株主総会招集通知と、議決権行使書がついてくる。

整理したかったので、一覧にしてみた。

証券コード 社名 開催日 開催地 おみやげ有無
8410 セブン銀行 2018/6/19(火) 10時~ 芝公園 -(表記なし)
7182 ゆうちょ銀行 2018/6/19(火) 10時~ 芝公園 なし
4507 塩野義製薬 2018/6/20(水) 10時~ 梅田 -(表記なし)
4665 ダスキン 2018/6/21(木) 10時~ 中之島 -(表記なし)
8933 NTT都市開発 2018/6/21(木) 10時~ 芝浦 -(表記なし)
6471 日本精工 2018/6/22(金) 10時~ 新宿 なし
4063 信越化学工業 2018/6/28(水) 10時~ 大手町 -(表記なし)

 

どいつもこいつも平日10時開催。休暇取らないと行けないじゃん!

もちろん、各社ともにインターネットでの議決行使は可能となっている。

招集通知に議案は書いてあって、事前にインターネットから投票ができる。

 

でもね、議決行使できればいいって話じゃないんですよ。

やっぱり総会に参加して、どういう雰囲気なのか、経営陣はどんな人なのか、株主からの質疑応答とか、そういうのを味わいたいわけで。

去年は休暇を取って初めて株主総会に参加してみたんだけど、雇われ社長・役員の無気力さにガッカリして株式を売却してしまった。

投資の判断材料の一つにもなるんですよ。

 

個人投資家歓迎!なんて言うけど、日程を見るとサラリーマン投資家は歓迎していないとしか思えない。

昨年某NTT関連会社の株主総会に参加してみたが、やはり参加者は高齢者が圧倒的に多かった。

質疑応答でも高齢の投資家が「NTTは時代の最先端を行く会社ですが、・・・」と言いだす始末。

NTTにそんな印象全くないけどな、むしろ私には保守の塊にしか見えない。

時代の最先端を行くなら、株主総会のインターネット配信をして、ネット越しでの質疑応答も受け付けて、議決行使だって事前ではなくリアルタイムで行う、それくらいやって当然だと思う。

今の技術なら、それくらいすぐに始められるはずなのに誰もやらない。

法的にできないというわけでもなさそうなのにね。

投資家なんて全国どころか世界各地にいるわけで、東京まで交通費出して行かないと参加できないとかおかしいでしょ。

先ほどの表にも記載した参加者しかもらえないおみやげも、参加できない投資家が不公平だとして廃止するのが主流になりつつある。

まぁネット配信のみになると、質疑応答時に雇われ役員がカンペを受け取って読み上げる、という所作が見えなくなるデメリットはあるかな。

あれは滑稽ですよ。現場しか分からないような細かな質問だけならまだしも、それくらい経営陣なら知っとけよって質問でこれやられると本当に興ざめする。

 

結局開催する側の企業も、「儀式的」に株主総会を開いているだけなのかもしれない。

ホテルの会議室確保して、社員動員して、おみやげ用意して、案外経費もバカにならないだろうに。

動員される側の社員はどう思っているんだろう、自分ならやる必要あるの?やめればいいのに、といって参加拒否しそうな気がする。

議決が否決されることなんてほぼないんじゃなかろうか。

剰余金処分の通知なんて、総会の2日後にはハガキが届くよ。

最初からハガキは準備されていて、株主総会で同意を得た直後に発送しているということ。 

あと何でもかんでも封書送りつけるのもやめて欲しいよね。

紙かネット閲覧か選択できるようにしてほしいな。

「資源節約のため招集通知はご持参下さい」ってよく記載されてるけど、本当に資源節約したければ選ばせてよと言いたい。

 

あぁ、なんだか毒を吐きまくってしまった。

今年も参加したいところなんだけど、今年は旅行のために別日に有給を取得するため難しそう。

勤め人をやめれば株主総会めぐりができるのか、と思うと脱勤め人へのモチベーションが少し上がる。

メルカリのIPO、SBI証券とマネックス証券から申し込んでみた

約半年前から利用を始めたメルカリ、そのビジネスモデルにすっかり感化されてしまった。

メルカリはAmazonを超える通販となっていた - ゆるりふわりと。

いよいよマザーズ上場の需要申告が始まった。

忘れないうちに、ということでさっそく2社の証券会社から申し込み。

 

SBI証券

久しぶりのIPO。なんだか前と申込み画面が違う気がする。

画面上の「ストライクプライス」という言葉に固まる。なんじゃそりゃ?

数年前にIPOチャレンジした頃はなかった言葉だと思う。

SBI証券のヘルプ画面を読むと以下のような記述があった。

「ストライクプライスとは、株式等の募集・売出しに際して実施されるブックビルディングにおいて、投資家が需要を申告する際の希望価格の一つです。
具体的な価格を示すのではなく、どのような価格で決定しても購入意思があることを示す価格となります。」

一言で言うなら、成行価格ということ。

初めてIPOにチャレンジした時、何も知らないまま仮条件の最低価格で申し込みしてしまい、当然のごとく外したのを思い出した。

なぜゆえに「ストライク」なんだろうか。さては野球好きか?(たぶん違う)

溜まっていたIPOポイントを全振りして申込み完了。

たかだか7ptだけど、少しでも確率が上がりますように。

 

f:id:milkyaz:20180605215224p:plain

 

 

マネックス証券

過去、唯一のIPO当選を果たしたマネックスさんでも申込み。

ログイン画面を開くと、「最近多いお問合せ等のご案内」としてメルカリIPOやらブックビルディングやら、といった言葉が並んでいる。

こりゃだいぶ倍率高そうですね、はい。

こちらは目論見書を開かないと、次に進めない仕組み。

SBI証券側で既に読んでしまったので、ちょっと面倒くさい。

こちらは「ストライク」でも「ボール」でもなくて、普通に「成行価格」。

指値で最高価格を入力して申込み完了。

 

f:id:milkyaz:20180605215532p:plain

 

 

なんとなく、どちらも200株で申し込んでみた。期待せずに結果を待つことにします。 

 

2018年5月の副収入(副業、投資など)

書き始めた先月は、衝撃的な金額でしたが・・・milkyaz.hatenablog.com

 

誰でも最初はこんなもんだ、 と自分を奮い立たせてみる。

さて5月度の結果発表です。

ETF分配金:¥516

配当金:¥399

メルカリ売上金:¥21,931

 

合計¥22,846、大幅ジャンプアップです。

でもメルカリ売上金は一時金みたいなもので継続性がないのがキズ。

詳しく内訳を見ていきましょう。

 

ETF分配金>

・1557:SPDR S&P500 ETF(先日謎の入金とブログに書いたやつ)

・1577:(NEXT FUNDS)野村日本株高配当70連動型ETF

どちらも年数回分配金があるので、半年に1回よりも変な満足感のようなものはある。

色々なETF分散投資して毎月分配金をもらおう、という考え方もありだよね。

定期的に分散して収入があるほうが、人間の心情的に落ち着くんだろう。

まだまだNISA枠が残っているので、優待株とETFを買い増ししようと思う。

 

<配当金>

3048:ビックカメラ

先日いただいた株主優待券は、切れた電球の取り換えに有効活用させてもらいました。

優待券が届くと毎度家電が壊れる不思議。

ビックカメラの優待券はお釣りが出ないのが使いにくいところ、結局少額のお買い物には使えない。

その点、BS11は商品券なのでお釣りが出ます。意外と子会社のほうが融通が利くのね。

 

<メルカリ売上金>

主な内訳は、実家で眠っていたおもちゃ。

GW帰省時に実家の押し入れを物色して、送料のもとくらい取れればいいなと東京に送ったんだけど、出品してみたらまさかの即売れ。

仕入値はゼロみたいなものだったけど、汚れたおもちゃの掃除、予想外のバカ売れで梱包→発送ループで疲労困憊。

長期休暇中だったからできたけど、平日ど真ん中だとちょいと厳しい。

ちゃんと利益を出すことを考えると、セドリってのは楽なもんじゃない。

完売したら、もう少し詳細な記事書きます。

あなたの家にも眠っているおもちゃが、高値で売れるかもしれませんよ。

 

 

6月はまた新たな収入源探しにチャレンジしたいな、と模索中。

最近の興味その①、ロボアド。

気付けば全財産の1割しか投資に回していないことが判明。

「全額なくなっても困らない金額だけ投資する」と決めているのだけど、思った以上に保守に走ってしまっていた。

単純に投資額を増やすのもつまらないので、ロボアドでもやってみるかなと。

SBIユーザーなので、ウェルスナビにでも手を出してみる予定。


最近の興味その②、アフィリエイト

仕組みを勉強してみたんだけど、なんとか自分でもできそうな気がするなと。

とりあえずASP数社に申請を済ませたので、中身を物色中。

アフィリエイト専門サイトを立ち上げようと思っているけど、そもそも「書くクセ」がついていない自分。

このブログだって週1回更新を謳いながら、ゴホンゴホン・・。

記事をたくさん書く練習として、このブログの更新頻度もあげていきたい。

 

最近の興味その③、クラウドワークス(CrowdWorks )。

アプリをダウンロードして、どんな仕事があるのかを物色中。

簡単な記事作成から、マクロ作成、がっつりIT技術を要するものまで。

社畜時代に独学で身に付けたITスキルを生かせるかもしれない。

まずは何でもいいから1件やってみようかなと思っている次第。

 

そして今の部屋には作業机がないので、デスクとチェア購入も検討中。

今年中になんとか投資以外で継続的に稼げる「商品」を作りたいなと思っている。

あと半年しかないので、なんとか種まきを夏までに完了したい。

SBIネット銀行口座に謎の入金 ~「SPDR SアンドP500」~

何気なく見た、SBIネット銀行のトップページ。
メイン口座の入出金明細に謎の振り込みを発見。
「振込*SPDR SアンドP500 ¥173」
 
そんな外国人知らないし(どんな名前だ)、間違えるならもっと多額を振り込んでくれって話だし。(もらうつもりだったのか!?)
え?何??なんで???とプチパニック。
困った時のGoogle先生に尋ねてみたら正体が分かったので、メモっておく。
 
 
正体は、証券コード1577「SPDR S&P500 ETF」の分配金。
今年になってから、SBI証券のNISA口座にて2回に分けて購入したもの。
普通ならSBIハイブリッド口座に入金されるはずだから、まさかのメイン口座への入金でまさか配当金だとは思わなかった。
 
なぜこのETFを購入したのかというと、S&P500指数と連動した米国のETFだけど日本円で取引できる。
よって外国株取引とならないから面倒な手続き不要。
日本の他指標よりも安定して右肩上がりが期待できそうだし、1月にNISA枠がリセットされたし買ったれ!と安易な考えで購入したのです。
 
さて、なぜメイン口座に振り込まれてしまったのか。 
なんとSBI証券さん、国内上場外国ETFは証券口座(SBIハイブリッド口座)での分配金受け取りができないとのこと。
それどころか、なんと分配金は課税されてしまうと。
なんてこったー、何のためのNISAなんだ!!
 
一方でカブドットコム証券ではフリーETFなるものがあるようで、そこではNISA非課税での取引が可能とのこと。
今年からマネックス→SBIにNISA口座切り替えたばっかりなのに・・・。
個別株もいいけど、今年はETFを買い増ししようと考えていたのに、ちゃんと仕組みは理解してから買わないといけませんね。
フリーETFのためだけに、むやみにやたらに証券口座増やすのもなんだかなぁ。
口座数増やして手腕を発揮するのはIPOくらいしか思いつかないわ。
今から急いで開設しても、メルカリのIPOには間に合わないし!
 
非課税だと思ってたのに、年4回の配当のたびに課税されるなんて悲しすぎる。
いいお勉強になりました。