ゆるりふわりと。

いつの日か脱勤め人を夢見るつばめ女子ならぬヤクルトレディが、投資とか節約とか野球とか思いついたことをぼやいております。毎日更新予定!(予定は未定)

何のために、誰のために仕事を頑張るのか?

本業にて、上期の評価面談を先日行いました。

この春から異動してきたので、今の上司とは初めての評価面談です。

 

無理を言って異動させてもらったので、昨年よりはマジメに仕事はしたつもりです。

社畜時代との比で言うとまだ60%くらいだけど。

それでもって残業時間は1/100に減っているし、給料は変わらないので、本当にありがたいことです。

 

上司:たった半年で成果これだけ出して、本当によく頑張ってくれたと思うよ。

私:そうですか、ありがとうございます(棒)

上司:昇格するには、これからも継続して目立った成果を出してアピールしないと。

私:・・。(何言ってんだこの人)

上司:あれ?幹部社員目指してるってことでいいんだよね??

私:いいえ、そんな気は一切ありません(即答)

上司:え?(驚)

私:え?(驚)

 

いつも饒舌な上司が、困惑して言葉を失ってしまいました。

私としては昇進昇格を望まないというスタンスをずっと貫いていたつもりだったんですけど、上司は仕事バリバリ上昇志向タイプだと勘違いしていたようです。

まぁ半年しか一緒に仕事していないので、しょうがないか。

 

にしても、私は昇格がしたくて成果を出したわけじゃない。

去年まで別部署から今の部署を見ていて、社内のみんなが少しでも楽になればと気になっていたことに少しちょっかいを入れてみただけだ。

なのに、どうして昇格のアピールやらそんな話になってしまうのか。

私の頑張りはそんな風に見られていたのかと思うと、悲しくなってしまった。

 

私の仕事に対するモチベーションは、「顧客」に喜んでもらうことだけ。

顧客が満足していれば、会社内での評価が悪くてもまったく気にしません。

これは社畜時代から変わらない考え方です。

悲しいかな、会社や上司が喜ぶ成果=顧客も喜ぶ、とはいかないわけで。 

 

今週1つ仕事を成し遂げたんだけど、今日は別部署のボス以下いろんな方から感謝の言葉と心ばかしのお菓子をいただいて、心満たされています。

数年ぶりにちょっと残業して頑張った甲斐があったなと、それだけで満足。

どんなに悪い評価を付けられようとも、今日の言葉だけで生きていける! 

 

上司が気になることを言っていました。

仕事はすごく頑張っているのに、昇進昇格を望まないというタイプの部下と初めて出会ったと。

そうなのか、仕事を頑張っている人たちは、みんな昇進を望むのが普通なのか。

何のために仕事を頑張っているの?昇進のため?

誰のために仕事を頑張っているの?上司や会社のため?

そんな働き方やだな。私は顧客ファーストでありたい。

 

このブログも読者ファーストでありたいのに、自分に何が提供できるのか分からず迷走中なのは突っ込まないでください。

いつかきっと、と言いながら心は既に日本シリーズな野球バカ・・。

保有株の含み損がついに30万近くになりました。。

保有株がTOBや1部上場と、思わず調子に乗ってしまいそうな出来事が続いています。

こういう時こそ自分を戒めないと、ということで保有株で最も含み損を出している銘柄を紹介します。

 f:id:milkyaz:20181018221240p:plain

信越化学工業(4063)。もうすぐマイナス30万円。

保有株の中でもぶっちぎりの含み損です。給料1ヶ月分がふっ飛んだ!

 

私にはまったく分かりません。なぜここまで下げ続けているのか。

今日もなぜか221円も下げて、ついに9,000円を割ってしまいました。

ここ最近の業績も、特別悪いようには見えません。

あと1週間ほどで上期決算が発表されますが、少しでも悪い数字だと爆下げしそうな予感。

 

そもそもなぜこの銘柄を購入しようと思ったかというと、いわゆる「大型株」を購入してみたいなと思ったのがキッカケ。

少しでも値上がりすればキャピタルゲインは大きいし、外しても100万ならまぁいい勉強代だったとまだ許せるかなと思って。

業績も悪くなさそうだしと思ってポンと110万出したんですが、私が買った途端に下がると言ういつものお約束。

ちょうど今年2月の急落前に購入しちゃったんですね、とほほ。

相変わらず逆の意味で持ってます!

 

何している会社かもあまりピンと来ていないので、分からないことだらけならとっとと損切りするべきなのかもしれません。

現状、最低取得単位で90万。下がったとは言えども、高くて手は出しづらい。

キャッシュはたんまりあるので、ナンピン買いしたくなります。

が、そこはジャパンホテルリートでしっかり学習したので、ダメ!絶対!!

もしかして株式分割しないかなとか、淡い期待を抱いてみたりして。

ポジティブシンキングも考えものですね。

 

先ほど数えてみてビックリしたんですが、なんと30銘柄近くに分散投資していました。

しかも全部100株とか200株とか。

こうなると、全銘柄の動きを逐一おさえることはできません。

大幅アップorダウンした銘柄について、昼休みにちょっとググって終わってしまいます。

信越化学工業のように急落ではなくズルズル下げられると、気がつけば30万の含み損なんてことになってしまうわけで。

ちょっと分散しすぎたかな・・と反省しております。

そこまで分散した割に、100万くらいしか含み益出ていないし(苦笑)。

 

ブログをはじめて、自分の投資方針について考える機会が増えました。

いかに自分がノープランで投資していて、たまたま大損していないだけで運だけで持ちこたえていることに気付かされました。

持ち株は少しずつ整理をはじめていこうと思います。

でもキャッシュ比率を下げたいという想いは変わらないので、自分の中でちゃんと軸を持って投資は続けていきますよ。

もしかすると、2019年はブログタイトルが変わっているかもしれません(笑)。

保有株が株式分割、さらにマザーズから東証1部に。どうしよう?

NTT都市開発TOBに気付いたのと同日、爆上げしている保有株を発見。

13,290円→15,790円、なんと+2,500円!

最低売買単位が100株なので、なんと1日で250,000円のアップ。

どうした?いったい何が起きた!?どうしよう???

 

その銘柄はRPAホールディングス(6572)。人生初のマザーズ株です。

無配当ですが、キャピタルゲイン狙いで14,000円前後で購入。

いつもテキトーな銘柄選びですが、今回は必ず伸びるはずと、珍しく確信を持って購入しました。

じゃないとさすがに140万ポーンと払えませんわ。

いつものごとく購入後株価が下がり、数十万の含み損を抱えた時にはさすがに吐きそうになりましたが、きっと上がるはずと信じた甲斐がありました。

さっそく結果が出て、調子に乗ってしまいそうです♪

 

一気に上昇した理由を調べてみると、好材料の総合商社状態なことが判明。

①業績予想を上方修正

2月決算なんですが、2019年2月の業績予想が大幅上方修正。

売上高:72億700万円→91億400万円、営業利益:6億5800万円→9億600万円。

社名の通り、「BizRobo!」というRPAソフトウェアを保有

本業でRPAに触れる機会があって各種セミナーにも参加したことありますが、BizRobo!を導入している金融機関は結構多い印象。

一度導入してハマれば、何もしなくても導入先企業でロボットがどんどん生成される。

そうなるとライセンス追加購入せざるを得なくなり、ウハウハになる美味しい商売です。いいなー。

金融業界での導入ブームはひと段落していますが、「働き方改革」でその他業種でRPAブームが起きているのでまだ伸びるかなと。

お、なんか投資家っぽいこと言ってますね。

一回言ってみたかったんだこういうの(笑)。

 

株式分割

2018/11/30を基準日に、1株につき5株の株式分割を実施するとのこと。

今の最低購入価格が約150万なので、30万になるとかなり手を出しやすくなります。

これならNISA枠の中で購入することもできますしね。

そして何よりも保有株数が増えることになるので、分割して売却ができるようになる。

様子を見ながら100株ずつ5回に分けて手放すことができるのは、嬉しい限りです。

 

マザーズ東証1部

2019年2月期中を目標に、東証1部への変更を申請するそう。

マザーズ上場が2018年の3月末なので、結構なハイスピードですね。

まぁ今1部上場しなくていつするの?今でしょ!という感じでしょうか。

 

マザーズすごいな、成長企業ってすごいなと、改めて感心してしまいました。

上期も営業利益が赤字だったけど何か?と毎期開き直った決算報告をしている我が社とは大違い。

もしかすると赤字でも涼しい顔をしているうちの会社の上層部は、ロボットなのかもしれない。。。

 

今日はさっそく500円下げていますが、私は20,000円くらいまでは上がるのではないかと踏んでいます。

下げる材料が何ひとつないし、株式分割されるまではこのまま保有を続けて、少しずつ売却するつもりです。

まぁ今回はたまたまで、調子乗って大金をマザーズ株にぶっこむことがないよう、自分をしっかり戒めたいと思います。

さて、明日は美味しいものでも食べようかな(おい!)

保有株がTOBに。どうしよう、何すればいいんだ??

事件です。異変に気付いたのは、昼休み終了の10分前。

保有株の1つであるNTT都市開発(8933)に、値がついていない。

ニュースを見ると、TOBによりNTTの完全子会社になるとのこと。

言葉だけは知っていたけども、TOBは初体験。

どうすればいいんだ?何かしないといけないのかすら分かりません。

 

昼休み残り10分で必死に情報収集して書きとめたメモは以下の通り。

①売り飛ばす

②買取をお願いする

③放置プレイ

上記3つの対応方法があるようなので、1つずつ調べた結果を書いておきます。

 

その前に、私の保有状態を記載しておきます。

・特定口座(NISAではない)

・100株のみ

SBI証券保有

・取得価格は1,063円。

 

①売り飛ばす

通常通り、保有株を株式市場で売ってしまうというやり方。

TOBが発表されると、大概は買付価格と同じような株価に落ち着くらしい。

TOB買付価格1株1,680円に対して、今日の終値は1,594円。

昨日が1,300円弱なので確かに上昇はしているけども、まだまだ開きがある。

本当に買付価格で落ち着くのだろうか。売り時を間違えると損。

 

<メリット>

通常通り売却するだけなのでラクちん。

<デメリット>

売却手数料取られる(NISAなら発生しないかも)。

買付価格以下で売却する可能性あり。

 

②買い取りをお願いする

NTTに保有株を買付価格1,680円で買い取りをお願いする。

TOBですからね、これが一番あるべき姿なのかもしれません。

今回は買取数の設定がないので、お願いすれば必ず買い取ってもらえる。

(買取数設定があるケースだと、成立しなかったり、抽選になって外れることもあるらしい)

 

お願いするには、公開買い付け代理人である証券会社に申込みが必要になる。

しかし申込みするには、その証券会社に口座が開設されていないといけない。

今回の代理人は「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」、復代理人は「カブドットコム証券」。

どっちも口座持ってない、詰んだ。。。

期限の11/27までに口座開設→SBI証券から移管→買付申込み、と忙しい。

これ以上口座増やしたくないな。

 

<メリット>

必ず買付価格どおりで買い取ってもらえる(買付数制限なしの場合)

売却手数料がかからない。

<デメリット>

保有している証券会社≠買い付け代理人の証券会社だと、移管手続きが必要で面倒。

代理人の口座を持っていないと、口座開設からスタートでさらに面倒。

 

③放置プレイ

その名の通り何もしない。

放置プレイじゃなくて、本当に放置。(なぜプレイをつけた?)

このままNTT完全子会社となり上場廃止となれば、私の保有株はNTTに強制取得されて対価が支払われる。

たいていの場合、対価は買付価格と同等になるとのこと。

 

<メリット>

放置プレイ!何もしなくていいので楽ちん!!

売却手数料がかからない。

<デメリット>

現金化されるのが何ヶ月も先になる。

 

 

さて、どうしよう。

①は株価の値動き次第なのでちょっと面倒、②は新たに証券口座開設するの面倒、③はキャッシュに困っていない。

③放置プレイが一番楽なんだけど、投資家を名乗るためにも(!?)、王道の②を一度経験してみるのもいいかもしれない。

カブドットコム証券のフリーETFには、もともと興味持っていたので。

 

いずれにせよ税引後5万前後の売却益をいただけるので、お金をもらって勉強するいい機会です。

今週末じっくり考えることにします。

今日はもう1つ別の保有銘柄で事件が起きてしまって、そちらも色々調べて対応を考えないといけないので。

こんな時に限って残業続きなので困る。。。

楽天ポイント欲しさに楽天ふるさと納税に乗り換えて、宮崎県都城市の牛肉を申込みしました

ふるさと納税をはじめて3年目になりました。

もはや私にとっては食料調達に欠かせない存在になっています。

お米と牛肉、スーパーでしばらく購入していません。

 

そろそろ牛肉がなくなってきたので、常連の宮崎県都城市から調達することに。

これまでふるさとチョイスをずっと使ってきたのですが、今回から楽天に乗り換えることにしました。その理由は・・

 

楽天ポイント欲しい!楽天証券でポイント投資したい!!」

 

今年、楽天証券に口座開設をしました。

しかし日経新聞を読むだけで、まったく稼働していない休眠口座状態。

楽天ポイントで投資ができると言うのを知り、これまた長らく利用していない楽天市場にログイン。

こちらは1年以上ぶりだったようで、「楽天市場におかえりなさいポイント」をもらってしまいました(笑)。

 

Amazonに限らず、あまりネット通販を使う機会がなくて。

そもそも物欲がない、おひとりさまなので少量で十分。

1回あたりの購入金額が低くなってしまうので、送料も考えるとネット通販で購入するメリットがあまりないんですよね。

でもふるさと納税なら、だいたい1回あたりの寄付金が¥10,000になるので、使わない手はありません。

私は楽天カードを持っていないので、購入金額の1%。

たった100ポイント、されど100ポイント。

ふるさとチョイスで寄付しても何も得られませんからね。

ちなみに各種キャンペーンで獲得した期間限定ポイントは、楽天証券で使うことはできないようです。残念。

 

宮崎県都城市は、返礼品を見直せと総務省が激おこプンプン丸な自治体の1つです。

逆に寄付する身からすると、非常にありがたい自治体。

私はいつも汎用性の高い牛肉切り落としを選んでいます。

同じ¥10,000でも様々な切り落としがあって、量も業者によって違っています。

常連の私に言わせると、「量が多い切り落としは、脂身率が高い」。

ランキング上位にいる切り落としは、レビューにもある通り脂身多いから気をつけたほうがいいです。

せっかく大容量なのに、その正体は脂身でカサ増ししただけだったとか笑えない。

脂身あまり好きじゃないので。。。

今回は赤身という言葉にひかれて、こちらをチョイス。

届いたらさっそく脂身率チェックをしようと思います(笑)。

【ふるさと納税】都城産宮崎牛赤身切落し1.2kg - ウデ肉 腕 うで モモ肉 もも 腿 脂身が少ない あっさり 美味しい おいしい 柔らかい肉質 旨味たっぷり 肉の味 肉のながやま 切り落とし 冷凍保存可能 国産黒毛和牛【宮崎県都城市はふるさと納税二年連続日本一!】

価格:10,000円
(2018/10/15 21:39時点)

 

これで今年の上限額まであと2万円くらいとなりました。

もう1年が終わろうとしている。年齢を重ねると、本当に1年が早いなー。

リーマンショック発生時、私のメンタルは別の意味で崩壊していた

リーマンショックから10年、と言う記事を先月よく見かけました。

10年前といえば社会人2年目、リーマンショックに対する記憶はまったくない。

まだ投資の「と」の字にも興味を持っていなかった頃なので、当然といえば当然なのかもしれない。

でも日本にも多大な影響は出ていて、業績悪化で倒産する企業まで出ていたはず。

なんでこんなに何も覚えていないんだろう、と不思議に思っていた。

最近自分のこれまでの経験が何か役立てないかと人生を振り返っていて、ふと思い出した。

 

2008年9月は、パワハラ上司にメンタル壊されていた頃だ!

 

サラリーマンという事なかれ主義の世界にショックを受けて、絶賛メンタル病み中でした。

話かけてもメール送っても無視、短納期で大量の仕事を押し付ける、直属の上司にいわゆるパワハラ行為を受けていました。

何が辛い、って周囲の先輩たちに見て見ぬふりをされたこと。

教育係のトレーナーも、口うるさかったお局先輩にも、お前が悪いと言わんとばかりで距離を置かれてしまい。

いや、確かに上司の言うことに納得行かなくて逆らったのが始まりなんだけどさ(笑)。

社会人経験を積んだ今でも、当時の自分は間違ったことは言ってないと思う。

後から聞いた話だけど、過去に暴力で部下に絶対服従をさせていたようなトンデモ上司だったそうなので、単に相手が悪かっただけ。


私が頼ったのは、会社内にあった人事部配下の健康管理室。

高い離職率に歯止めをかけよう、若い女性社員を辞めさせまいと、徹底して私の味方をしてくれました。

看護師と外部カウンセラーのお姉さんにほぼ毎日のように話を聞いてもらって、徐々にメンタルも回復。

パワハラ課長絶対許さん!二度と社内歩けんようにボコボコにしてやる!」と鼻息荒く戦う決意を固めていました。

いやー、負けず嫌いなんですよ。やられたらやり返さないと気が済まない。倍返しだ!


しかしカウンセラーのお姉さんに諭されます。

「人は人、自分は自分。自分の思うどおり人を変えようなんて思っちゃダメ。」

「あんな人(=パワハラ課長)に、バカとか反省しろとか言うだけ時間と労力の無駄」

「そんな状況で見て見ぬふりする人達なんて、一緒に働く価値なし」

「早く異動したほうがいい」

 

最初はそんなの逃げるだけじゃん、何の解決にもならないじゃんと納得できず。

それ以上に早くまともに仕事したいと思ったので、最終的にはカウンセラーに従うことに。

人事から勧告が出てすぐに異動。事なきを得ました。


なお、同じく見て見ぬふりだった部長からは後日逆ギレされました。

 

私のせいで人事部からキツく絞られたらしく、数年後子会社に左遷させられて、今も戻れていないようです。

そしてパワハラ上司はその後も他の部下に同じことを繰り返して、結果的に現場職から左遷。

トレーナーは「ふーん、異動するんだ」と我関せず。

このトレーナー、その後幹部社員になったそうですが、今も部下の面倒をいっさい見ない名ばかり上司らしい。

お局先輩には「あんた上手い事やったね」と他人事なお言葉を頂戴しました。

あれだけ先輩風吹かせていたのに、相談に乗るどころか厄介事から逃げる姿には心底幻滅しました。

 

今思うと、本当にカウンセラーの言うとおりでした。

こんな人たちの考えを変えさせようなんて、本当に時間と労力の無駄。

それどころか私のせいで左遷させられた人からは、随分恨まれているかもしれません(笑)。

 

勤め人を続ける限りは、意見や考え方が合わない人と一緒に仕事せざるをえないわけで。

どちらか一方が我慢することなく、お互い納得できる着地点を見つけられればいいんですがね。

お互いその気がなければ、諦めたり逃げることも大切という考え方は、今の自分の礎になっています。

 

以上、私がリーマンショックで学んだ話でした。

長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

バーゲンセール中も値引き幅が低かった銘柄

バーゲンセールは1日限定だったようで、昨日は少し戻しましたね。

米国株に参戦しようと思いつつ寝落ちしてしまい、セール参加どころかブログも更新できていないという失態を犯してしまいました。

やはり何となくセールに参加しようと思っているうちは、志が弱すぎて眠気には勝てませんね。

また化粧しっぱなしで寝てしまって、株価同様にお肌の調子が安定しない。

 

バーゲンセール中、当然のごとく保有株もマイナス祭りでした。

元々数十万の含み損を持つ銘柄は、ドブに捨てたくなるくらいさらに値下がり。

が、一部の保有株だけは落ち幅が明らかに少なかったんです。

それはJリート。

さすがに前日増にはなりませんでしたが、微々たるマイナス。

前日比大幅マイナスが並ぶ中、私にとっては一筋の光でした。

 

f:id:milkyaz:20181013235540p:plain

ピンクが東証REIT指数、青が日経平均です。

2018/10/11、青色の線はガクっと落ちていますが、ピンク色の線はほんの少しだけ落ちただけ。

ここ数年は、日経平均J-REITの値動きが連動しなくなりました。

結果的に国内株・Jリート両方を持っていたことで、リスク分散になったわけです。

国内株は新規購入を控えており、最近はJリートしか購入していなかったので今回のバーゲンセールはまだ心の余裕を持って見守ることができました。

 

f:id:milkyaz:20181013235626p:plain

こちらは過去10年で見た、東証REIT日経平均の値動き。

確かに直近のグラフは落ち込んではいますが、10年単位で見ると先日の暴落は微々たるもので、「暴落」と呼ぶにはふさわしくないですね。

それでも不意にはじまるバーゲンセールは、精神的に堪えてしまいます。

温かく見守れるだけの冷静さは保ちたいものですね。

 

勘の良い方は気付いていると思いますが、国内株は金曜以降は下落が止まって少し戻りつつあります。

ということは、日経平均に連動しないJリート御一行様はやや値下がりしております(苦笑)。

分かってはいるけども、日経が戻しているのにリートが下がると悲しい。。

 

そういえば先日米国ETFの定期買付を設定しましたが、結果的に開始時期としてはドンピシャとなりました。

こうなるとすぐ調子に乗ってしまいそうになりますが、ダメですね。

来週以降の値動きも、温かく冷静に見守りたいものです。