脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

メルカリはAmazonを超える通販となっていた

 友人に薦められて昨年末にメルカリを始めた。

 

おかげさまでだいぶ部屋の中がスッキリしてきた。

家の中にあるものが全て金目のものに見える不思議。

 

自分は匿名発送(お互いの住所・名前を明かさず取引できる)しか利用しないので、購入者がどこに住んでいるか、何歳くらいなのか、性別も分からない。

といってもゆうパックや宅急便の追跡機能で、最寄りの大きな郵便局や配送センターは分かっちゃうんだけど。

 

購入者の住所を見ていると地方の人が非常に多い。

新潟・福井・奈良・宮崎・沖縄の某離島とか、そんな感じ。

確かにすぐ近所に店舗はないだろうが、通販を使えば手に入れられないはずはないのに、なぜメルカリを使うのか不思議でしょうがなかった。

 

だって素性の知れない素人が出品しているわけで、いくら安くても商品が本当に綺麗だったり使い物になるのか分からないし。

自分なら絶対通販で新品買うわ、と思うわけです。

 

でもふと思った。

あれ?もしかして送料考えるとメルカリのほうが安上がりかも?、と。

 

メルカリでは送料を購入者・出品者どちらが負担するかを、出品時に選択できる。

とは言っても当然送料込みのほうが喜ばれるわけで、というか送料出品者負担じゃないと売れないのが現実。

一方、通販では一定金額以上は送料無料を謳っているところは多い。

Amazonも2000円以上は送料無料だよね。

一定金額に届かなければ商品代金とは別に、送料を支払う必要がある。

遠地になればなるほど送料は高くつき、商品代より高いわ!ってこともありうる。

 

メルカリで素性の知れない人から高価な商品を買ってみよう!、というチャレンジャーは少数派で、たいていは数百円~千円程度の低価格なものを買うことが多いはず。

通販で同じものを購入すると送料が重くのしかかるが、メルカリなら気にしないで買い物ができる。

あぁ、地方の人からするとメルカリは通販の一種なんだなと思った。

 

配送まで時間はかかる可能性はあるけど、価格もお安めだし値引き交渉もできる。

出品者のコメントや過去の評価からある程度素性は測れるので、リスクヘッジも可能。 

 

実際に利用してみて、本当によくできたビジネスモデルだなと感心してしまった。

匿名配送利用時の送料が全国一律なところからして、おそらく通販的に利用されることも見越して展開してんだろうな。

 

やはりビジネスモデルを構築できる人が儲けることができる。

が、構築の仕方は学校では教えてもらえない(うさんくさい情報商材はあるけど)。

世の中の大多数を占める勤め人って、こういうビジネスモデルを構築した人達に搾取されるだけなんだよな。

なんか悔しいので、春にはメルカリ卒業しよう。

 

 

あ、野球グッズもモノによっては定価以上で売れる。

カープグッズが本当に飛ぶようによく売れる、今さらながら人気を実感。