脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

RPAとは何か?~分かっていない人が多すぎる

新しい部署に異動して2カ月が経過しようとしている。

今日はお金でも野球でもなく、雑記としてRPAについて書いてみようと思う。

 

うちの会社では、RPA導入が一大ブームとなっている。

実績欲しさに我先にと導入したがる幹部社員と、仕事を奪われるのではと非協力的な一般社員の対立構造は、側から見ていると面白い。

自分はRPA導入の一端をかじっているのだけど、RPAが何者かを理解できてない人が非常に多い。

たいていは期待値高めで、なんでもできるスーパーロボだと勘違いしている。

さらにAIとの違いが分からないと言うならかわいいもので、しまいにはEXCELマクロと何が違うの?と真顔で聞かれるので困ってしまう。

まずは説明するだけで心折れてしまっている。

 

認知度が低い?

知り合いのSEにRPAの話をすると、たいていが「何それ食べれるの?美味しいの?」という反応をされる。

こういうIT系の話なら一般人よりもはるかに得意なはずなのに、SEでさえこの反応。

どうやらまだまだ一般的な言葉でも、ソリューションでもないようだ。

先日ビックサイトで開催された「AI・業務自動化展」に行かされたけど、確かに展示会のタイトルに「RPA」という言葉はなく「業務自動化」となっている。

展示会に足を踏み入れると、「RPA」という言葉が乱れ飛んでいるんだけどね。

 

ちなみに金融系に勤めている知り合いにRPAの話をすると「あー、うちも入ってるよ」。

銀行や生保などでは導入が進んでいると言われているが、どうやら身近で使われているかによって反応が違うようだ。

 

 

RPAとは何なのか

グーグル先生に聞いてみると、「Robotic Process Automation」と返ってくる。

この「ロボティック」という響きに、みんな騙されるのかもしれない。

オフィスの中でキーカシャンカシャンウィーンと音を立てながら業務をしてくれるわけではありません。

そんなのオフィスにいたらうるさいし怖いよ。すぐに電源抜かれるわ。

RPAを一言で言うなら、パソコン上での様々な操作を人間の代わりにやってくれるソフトウェアなんですよ。

・・・これでは伝わらないか。

こんな時は具体例を使ってみるに限る。

普段の仕事で、「システムに入力する」業務ってないですか?

たぶん何かしらやってるはずなんですよ、注文受けて入力したり、発注したり、ピッキング指示したり、請求書発行指示したり、入金消し込みしたり、何でもいいんです。

そのシステム入力するためのインプットが必ずあるはず、メールだったりExcelデータだったり紙だったり。

 

ここではExcel注文データを元に社内システムへ受注入力すると仮定してみますよ。

Excelデータを開いて、各セルに入っている値をコピー。

②社内システムの受注入力画面を開いて、各項目に貼り付ける。

③登録ボタンを押して、受注入力終了。

業務そのものは簡単、これを毎日毎時間繰り返すだけ。

これを人間の代わりにやってくれるのがRPAなんですよ。

パソコンにソフトウェアをインストールして、①~③をシナリオとして登録。

あとはスタートボタンを押せば、パソコン上の画面がうにょうにょと勝手に動き始める。

 

さて、これで伝わるだろうか。

もし伝わっていれば、先述した展覧会から言葉を借りると「業務自動化」という訳はしっくりくるはず。

RPAが何者なのか、どう表現すれば万人に伝わるのか日々模索中。

今のところ、「配属されたての新入社員」という表現がお気に入り。

登録されているシナリオをその意味も分からないままひたすら繰り返す。

イレギュラーなケースには対応できない。ってな感じかな。

 

 

RPAが誤解されていること

新入社員には、ちゃんとシナリオという名の「新人教育」をしないといけない。

何も教えなくとも勝手に仕事を覚えてくれるわけではない。

ところが、RPA=「30代中堅クラスの働きをしてくれる」と思っている人は多い。

そう、30代中堅だって過去に色々教育を受けてきたから今があるわけで。

これはAIでも言えることだけど、教育なしでRPAもAIも勝手には動いてくれないのだ。

教育なしで働いてくれるなら、それこそ人間という生き物自体が不要になってしまう。

この教育、何を覚えさせるのかがめちゃくちゃ大変なのだ。

業務マニュアルがあれば教育は難しくないが、何も業務が可視化されておらず属人化していて、その人がRPA導入に非協力的だった日には悲劇だ。

また新入社員には向かない業務もあるので、なんでもRPAを導入すればいいというものではない。

どの業務に適用するかは、慎重に検討する必要がある。

単純にRPA導入といっても、道のりは果てしなく遠いわけなんだけど、今すぐ明日にでもできると思っている人が多すぎる。

50本導入しろ、とか数字目標だけが掲げられるのは本当に意味不明だ。

(うちの幹部社員に声を大にして申し上げたいのです)

 

長くなってきたので今日はこのくらいで。

また気が向いたら特徴とか注意点とか色々書いてみる、かもしれない。