脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

会社の飲み会を断るための魔法の言葉

会社員生活の中でもっとも苦手とするもの、会社の飲み会。

私あまり飲めないし、若い女性がお酌するのが当たり前みたいな空気だし、生産性のない会話ばかりが繰り返され、まったくもって金と時間の無駄。

2次会以降なんて、行くくらいなら死んだほうがマシってくらい嫌。

会社の飲み会を本当に楽しんでいる人が世の中どれくらいいるのか分かりませんが、私のように行きたくないと思っている人は一定数いるはず。

 

私は会社の飲み会は年に1回行くか行かないかです。

何らかの宴が定期的に開催されていますが、いっさい顔を出しません。

断りづらいんじゃないかと思われるかもしれませんが、とある言葉を発してからは形式的なお誘いしか来なくなりました。

相手も私が断るのは分かっているけど、一応仲間はずれにならないように気を使って声をかけてくれる感じです。

 

「私、お酒飲めないんです」

はい、これだけです。これだけで飲兵衛たちは誘いづらくなります。

そりゃ全く飲まずにシラフでウーロン茶飲んでる人間の前で、飲兵衛たちはなかなか本音を語りにくくなるわけで。

自分は会社ではクールキャラを装っている(!?)ので、相手からすると正直一緒に飲みに行っても楽しくないんですよ。

そう思わせればこちらの勝ちで、飲兵衛たちは積極的に誘わなくなります。

 

あれ、「あまり飲めない」って最初に書いてあったのに、ウソついてるじゃんと指摘を受けるかもしれません。

実はこの言葉、ここまで計算して発したものではありません。

定量を超えるとすぐにリバースしてぶっ倒れる体質なので、新人時代に周りの雰囲気に飲まれて無理して飲んで潰れることがないよう、とっさに自分の身を守るために出た言葉でした。

社畜時代は顧客接待も仕事のうちだったので、粗相がないようにするためにもね。

結果的に自分の体だけではなく、お金も時間も守れているわけです。

 

既に酒豪で鳴らしている人には、無理ゲーと思われるでしょう。

そういう時は「健康診断の結果が悪くて、飲酒やめることにした」とでも言って下さい。

そして社外の友人と浴びるほど飲んでください(笑)。

どうしても会社の人と飲みたければ、一次会で撤収してください。

二次会以降は、本当に時間とお金の無駄です。

酔いつぶれた人が粗相を起こして、事件に巻き込まれて不快な思いをする確率も高まります。

どうしても飲み足りない人は、一人おうちで二次会してください(笑)。

 

飲み会断るなんて会社での立場が危うくなるんじゃないか、と心配な人もいるはず。

クールキャラですが、ちゃんと仕事中はちゃんとコミュニケーション取ってますよ。

そして何より仕事で成果を出しているので、飲み会に来ないことを理由に立場が危うくなることなんてありません。

役員からの誘いを「飲めないんで」とあっさり断っても、成果評価を下げられることもないし、そして二度と誘ってこない(笑)。

むしろ飲み会に来ないことを理由に正当に評価されない会社なんて、とっととやめるべきだと思います。

 

仕事で結果出せる人は、怯えずに飲み会を断ってみて欲しい。

逆に言うと、仕事できない人にはちょっと厳しいかもね。

仕事頑張れとしか言えないけど。

 

1回の飲み代5,000円×1ヶ月に2回と仮定すると、断ることで年に12万の貯金ができます。

そして1回あたり3時間拘束と仮定すると、年に72時間も自分の余暇時間が奪われていることになります。

20代で1,000万貯蓄できたのも、社畜から抜け出せたのも、飲み会を断り続けたことが一因だと思う。

 

あなたが行っている飲み会は、毎年12万払って72時間拘束されるだけの価値が本当にありますか?