脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

飲み物買うなら、コンビニよりもドラッグストアへ

今年は異常な暑さで、飲み物が手放せません。

熱中症予防には、のどが渇いたと感じるよりも前にこまめに水分補給するのがいいとも聞きます。

けれども、ペットボトルは満タンだと重くて持ち歩きたくない。

カバンに入らないからといって、小さいサイズだとすぐ飲み干してしまう。

道を歩いていると、ついつい自動販売機で購入してしまう人も多いでしょう。

 

私は、自動販売機はほとんど使ったことがありません。

最後に使ったのは、先月神宮球場で熱中症になりかけた時。。。

要するに非常事態の時しか使いません。

なぜ普段は使わないか?理由は単純、「高い」からです。

 

普段スーパーに行くことがある人は、自販機の値段を見て同じ感想を抱くはずです。

たいていのスーパーでは500mlのペットボトルが90円以下で売られています。

一方で自動販売機では同じ商品が150円。

その差60円、桁が1つ違うんですよね。

1ヶ月毎日1本購入すると、その差は2,700円。結構なインパクトです。

 

スーパーでまとめ買いして、家の冷蔵庫から持ち出すのが一番ベストです。

しかしながら、持ち歩くのが嫌だったり、今の季節だと冷たくないのが嫌な人もいるでしょう。

ふと飲み物欲しいと思った時、自販機ではなくドラッグストアに行ってみてはどうでしょうか。

都心だと、そんなに乱立してどうする?ってくらい、様々なチェーン店が競い合っています。

スーパー探すのは大変だけど、ドラッグストアは容易に見つけられるはずです。

 

ドラッグストアでは、冷えたペットボトルがスーパー並みの価格で売られています。

商品によってはスーパーよりも安いものも。

全国の店舗で大量仕入しているため安く提供できる、と言われています。

少し大きな店舗では食品も置いてあり、これまた安い。

ドラッグストアの軒先で、スーパー顔負けの価格でお菓子が売られているのを見たことがある人もいるはず。

特売品以外にも、通常価格がスーパー並みだったりします。

ただし食品は賞味期限が短いことがあるので、購入時よく注意してください。

 

自動販売機ではなく、近くのドラッグストアで飲み物を買う。

労力の割には、節約額は大きいと思います。

ドラッグストアは電子マネーが使える店舗も多いので、ポイントも貯めることができます。

ちょっと買い物するなら、コンビニよりもドラッグストアをおすすめします。

コンビニでも自社ブランドの低価格なお茶とか売ってますけど、やはり味が劣ります。

コンビニに唯一劣るのは営業時間ですが、そんな夜遅くまで外をうろつかずに早く帰宅したほうがいいかと(笑)。