脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

2018年8月時点の確定拠出年金運用状況を集計してみました

社畜生活を抜け出して、ゆるふわ会社員になってから始めた確定拠出年金

運用歴はまだ浅く、年金をもらうのははるか先。

現状の結果を見てどうこう言っても仕方はないけど、先日公開した資産状況と対象的な結果になったのでお披露目しておきたいと思います。

milkyaz.hatenablog.com

 

確定拠出年金は商品数も少ないので 、投資方針さえ決めてしまえば迷いなく投資ができるのではないのでしょうか。

私の方針は「リスク多めで攻めてみよう」です。

心のどこかで「自分たちの世代は、年金なんて本当にもらえるか分からないし」と思っているのが一因だと思います。

手元にないだけで、会社が出してくれた分と給料から天引きされた分、ともに立派な自分の資産なんですけどね。

 

2018年8月時点の運用状況は以下の通りです。

f:id:milkyaz:20180819145948p:plain

元本確保(=定期預金)はゼロです。

自分の資産では現預金率87%なのに、もはや同一人物が運用しているとは思えません(笑)。

どうせ手に入らないものかもしれない、と思うと人間かなり強気になるようです。

宝くじで高額当選してしまった人が散財してしまうのも、なんだか分かる気がします。

 

始めた当初は国内株式と国内債券の比重が多めで、8割近くを占めていました。

しかし外国株式の運用実績が非常に良いことに気付き、最近少しずつ国内→外国商品へスイッチングを行っています。

国内株式もそんなに悪くはないのですが、差は歴然です。

米国株に興味を持ったのも、この運用実績の差がキッカケです。

 

なお全体の運用利回りは3.7%でした。

年初は10%近くあった時期もありましたが、2月以降の暴落で落ち込んでいます。

トルコリラショックで、今後もう少し落ち込むかもしれません。

 

しかしながら現状相場を見ながら一喜一憂するのは無駄。

年金を受け取る頃に、どういう運用結果が出ているのかが大事です。

かといってまったく放置しておくのもよくないので、数ヶ月に1回程度の頻度で運用結果をチェックするので十分ではないでしょうか。

個人資産運用も同じ心構えでいれば、短期的な上げ下げに心揺さぶられずに済むわけです。

個人資産もゆるふわに運用していきたいところです。