脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

やりたいことが見つからないなら、お金を貯めて増やそう

やりたいことが多すぎてどれも中途半端なことが、最近の悩み。

でも、つい5年くらい前までは何ひとつやりたいことがなかった。

生きることも面倒で、早く人生終わらないかな、早死にしたいなと本気で思っていた。

 

育児ノイローゼで暴れる親の顔色をうかがって行動していた幼少期。

自分の願望は全て抹殺して、どうすれば親が喜ぶか、そればかりを考えていました。

その結果、自分の意見というものがなくなってしまった。

やりたいことが見つからなかったのも、これが影響していたんだと思う。

親が早くに亡くなったので敷かれたレールが消滅して自由を手に入れたはずなのに、自分の意見がないために途方に暮れてしまった。

何がしたいのか分からない、生きる意味が分からない、本当に苦しかった。

 

でもこれだけ人生終われと願っている一方で、お金だけはせっせと貯め続けていました。

10代の頃、雑誌で読んだスガシカオの言葉に影響されたのがキッカケ。

「やりたいことがないなら、いつかやりたいことができた時のために貯金しとけ。お金があると幅が広がるぞ。」と、こんな感じのことが書かれていた。

子供の頃から何ひとつ夢も何もなかったけど、もしかするといつかやりたいことが見つかるかもしれないと願って貯金を続けてきた。

今思うと、「いつかやりたいことが見つかるはず!」という根拠のないポジティブ思考に助けられたんだと思う。

 

自分の中に沸き起こる些細な「ワクワク」する感情を意識的に拾ってあげるようにしてから、やりたいことが少しずつ思い浮かぶようになって、前向きに将来を考えられるようになった。

ゆるふわとはいえども社会人なので時間制約はあるものの、たいていの願望は貯金のおかげですぐに叶えることができました。

そして今、時間制約を取っ払いたい=脱勤め人しかない?というところに至ったのです。

 

やりたいことがないからと言って焦る必要はありません。

おそらく自分の中にあるワクワクという感情に鈍感になっているだけです。

ワクワクまでは行かずとも「いいな」「ちょっと楽しいかも」といったちょっとしたポジティブな感情を大事に育ててみてください。

そして平行してお金を貯めてみてください。

余裕があれば、投資で少しずつ増やしましょう。

いつかやりたいことが見つかった時に、貯金がきっと役に立ちます。

 

なんだかただの自分語りになってしまったけど、昔の私のように苦しんでいる人が少しでも前向きに生きる助けになれば・・。