脱勤め人&億り人を目指す、30代独身ゆるふわOLのブログ

ゆるふわ投資家の独り言ブログです。自立したい!

私が長年愛用している家計簿のご紹介

みなさんは家計簿をつけていますか?

最近は便利なスマホアプリもたくさん出てきて、昔に比べると身近な存在になったのではないでしょうか。

私は小学生の頃から家計簿ノートをつけ始めて、社会人になってからはパソコンのソフトを利用しています。

今回は利用しているソフトをご紹介します。

 

私が使用しているのはこれ、「てきぱき家計簿マム」。

てきぱき家計簿マム9 ダウンロード版/ テクニカルソフト株式会社

価格:3,456円
(2018/8/25 21:22時点)
感想(0件)

初めて購入したパソコンにプレインストールされていたのがキッカケ、それ以来長らく愛用しています。

パソコン買い替え時もバージョンアップ版を購入してデータ移行をしており、社会人生活すべてのお金の出入りが記録されていることになります。

他の家計簿ソフトは利用したことがないので比較はできませんが、こんな感じで使ってます。

 

①収入/支出項目は自由に作成できるので、収入は細かく、支出はざっくりと管理

マムでは項目を増やしたり減らしたり、好きに設定することができます。

私は支出に関しては既存の分類をそのまま使っています。

(食費、家財住居、水道光熱、衣類、医療衛生、教養娯楽、交際、交通通信)

支出ってほぼ毎日発生するので、細かく分類すると毎日つけるのが面倒になってしまう。

一方で収入は悲しきかな毎日発生しないので、逆に細かく分類しています。

(給料、賞与、貯金利息、配当金、売却益、雑収入)

配当金以降の項目の金額を増やしたいと思っているので、大事な管理項目です。

 

Felicaがあれば交通系ICカード電子マネーの利用履歴を取り込める

最近は現金よりも、いわゆる電子マネーの利用が増えました。

便利だけどレシートもないことも多いので、使途不明金となりがちです。

しかしパソコン側にFelica機能があれば、利用履歴を読み込めます。

例えばSUICAで電車に乗ったのであれば、東京~新宿といった形で利用区間まで見ることができます。

家計簿を見るだけで、その日どこに出かけたのかが分かりますね。

レシート片手に手入力するよりも取り込みのほうが断然楽なので、今後この機能は重宝しそう。

Felicaなんてついてないよ、という場合は外付けのカードリーダを利用できます。

私も買い換えたパソコンに、コレ↓を取り付けて利用しています。

SONY 非接触ICカードリーダ/ライター PaSoRi RC-S380P [RCS380P]【KK9N0D18P】

価格:2,553円
(2018/8/25 21:25時点)
感想(38件)

 

③様々な方法で集計ができるので、色々なシーンで活用できる。

先ほどの分類を利用して、日計/月計/年計だったり好きな期間を指定して集計ができます。

例えばふるさと納税の寄付金限度額。

その年の収入で変動するので毎年11月くらいになると限度額を再計算しているんですが、マムではボタン一つで収入金額が集計できます。

家計簿がなかったら、給与明細片手に電卓ポチるしかなくなってしまいます。

あとはこういったブログでの収支公開。

自分の資産がいくらあるのか、家計簿を開けばすぐに分かります。

そこから細かいデータを引っ張りだすのも集計の切り口を指定してボタン1つを押すだけなので、すぐに記事を作成してアップできます。

この前の1,000万円を貯めた記事も、家計簿データがあったから作れたのです。

milkyaz.hatenablog.com

 

 

家計簿マムはCD-ROM版とダウンロード版の2種類があります。

私は断然、ダウンロード版をおすすめします。

購入後すぐにインストールして使うことができるし、CD-ROM版より価格も安く、送料もかからないからです。

私も買い替えした時はダウンロード版を楽天で購入しました。

楽天市場内に楽天ブックス(ダウンロード版)というページがあり、パソコンソフト以外にもゲームソフトも購入できますよ。

もちろん楽天ポイントも貯まるので、楽天ID持っている方はのぞいてみて下さい。